プレミア優勝オッズはシティが1位、リヴァプールが姿を消しアーセナルが2位浮上 「本命と呼ぶにふさわしい」と英紙絶賛

ノースロンドンダービーでトッテナムを破ったアーセナル photo/Getty images

継続できればタイトル獲得もある

近年のプレミアリーグはマンチェスター・シティとリヴァプールの2強といわれており、直近5シーズンでシティが4度のリーグ優勝、リヴァプールが1度タイトルを獲得している。

今季もその流れになるかと思われたが、リヴァプールが勢いに乗れず7試合で2勝4分1敗の勝ち点10。直近のブライトン戦では3-3の引き分けに。1度は3-2と逆転に成功したが、追い付かれてしまった。

シティは変わらず好調を維持しており、7試合で負けがない。今季のプレミアリーグでは唯一の記録で、マンチェスター・ユナイテッドとのダービーで黒星を喫することがなければ無敗は継続となる。
英『Squawka』では『Sky Bet』のプレミアリーグ優勝オッズを紹介しており、2022年10月1日時点ではシティが最も優勝の可能性が高く、その次にリヴァプールではなくノースロンドンダービーでトッテナムを破ったアーセナルが浮上してきた。3番目にリヴァプール、4番目にトッテナム、チェルシー、ユナイテッドと続いている。

ここ数シーズンの成績も考慮したうえでのオッズだといえるが、ついにリヴァプールが2位の座から陥落しアーセナルに抜かれることになった。

スパーズを破ったように今季のアーセナルは強い。開幕から5連勝と素晴らしいスタートを切りユナイテッドには敗れたが、引きずらずブレントフォードに勝利。そして前回対戦で敗れたスパーズ相手に3-1とホームでリベンジに成功している。8試合で勝ち点は21、シティが躓けば大きなリードを得て首位を継続できる。

「今シーズンのアーセナルは力強く、現在プレミアリーグの首位に立っている。開幕3連敗を喫した昨シーズンのスタートとは真逆のシナリオだ。ノースロンドンのライバル、トッテナムを下しまさに本命と呼ぶにふさわしい存在になっている。新加入のオレクサンドル・ジンチェンコ、ファビオ・ビエイラ、ガブリエウ・ジェズスの活躍はミケル・アルテタの入念な仕事を裏付けている」

同紙ではここまでのアーセナルを振り返っており、「まさに本命と呼ぶにふさわしい存在になっている」と絶賛している。昨季の序盤からすれば考えられないようなスタートであり、新戦力のフィットも大きい。王者シティが大きく崩れることは予想できず、アーセナルとシティが今季は昨季のリヴァプールとシティのように勝ち点を重ね続けることになるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ