三笘が同点弾アシストでブライトンがリヴァプールとドロー 2点差逆転されるもトロサールがハットトリック

トロサールがハットトリックの活躍 photo/Getty Images

三笘は途中出場した

プレミアリーグ第9節でリヴァプールとブライトンが対戦。点の取り合いとなったゲームは3-3のドローで終了した。

リヴァプールは最終ラインに開幕戦以来となるジョエル・マティプが先発。3トップには右からモハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、ファビオ・カルバーリョが並んだ。ロベルト・デ・ゼルビ新監督を迎えたブライトンは、[3-4-2-1]のシステムでレアンドロ・トロサールとパスカル・グロスのシャドーにダニー・ウェルベックが最前線に入った。三笘薫はベンチスタートとなる。

前半からブライトンがボールをもって優勢に試合を進めていく。4分にはトレント・アレクサンダー・アーノルドを振り切ったトロサールがゴールネットを揺らしてブライトンが先制。さらに17分にもトロサールが追加点を決め、早い時間にブライトンが2点リードする。
同点に追いつきたいリヴァプールは徐々に自分たちのペースを取り戻し、33分にサラーの抜け出しからフィルミーノがゴールを決めて1点差とすると、54分にもフィルミーノがゴールを決め、後半で試合を振り出しに戻す。

さらにリヴァプールは63分、CKからアダム・ウェブスターのオウンゴールで2点ビハインドから試合をひっくり返す。1点ビハインドとなったブライトンは65分に三笘を投入。70分には三笘が左サイドから積極的に仕掛けていくとアレクサンダー・アーノルドをかわしてチャンスを作る。

そして迎えた83分、左サイドの三笘の折り返しを逆サイドでフリーとなっていたトロサールがハットトリックとなる3点目を決めてドロー。三笘はブライトン移籍後初のアシストを記録してチームに勝点をもたらした。

リヴァプール 3-3 ブライトン
[得点者]
4分 レアンドロ・トロサール(ブライトン)
17分 レアンドロ・トロサール(ブライトン)
33分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)
54分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)
63分 オウンゴール(リヴァプール)
83分 レアンドロ・トロサール(ブライトン)

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ