「自分のために」引退も選択の1つ? 不調のC・ロナウドへカッサーノが言及

C・ロナウドについて言及した photo/Getty Images

今季プレミアでノーゴール

今季は開幕2連敗スタートとなったマンチェスター・ユナイテッド。しかしリヴァプールに勝利すると、その後はアーセナルにも3-1と勝ち星を挙げるなど4連勝を飾った。

そんなチームで調子の上がらないFWがクリスティアーノ・ロナウドだ。昨季プレミアリーグで30試合に出場して18ゴールを挙げ、チーム得点王となったC・ロナウドだが、今季はここまでプレミアは6試合に出場して無得点。UEFAヨーロッパリーグでは1ゴールを決めているものの、本調子とは程遠い状況だ。

そんなC・ロナウドに対して2018年に現役を引退したアントニオ・カッサーノ氏が言及。英『DailyMail』によれば、同選手に対して「彼が一定のレベルに届かないのなら、彼はキャリアに幕を下ろさなければならない」と、引退も選択肢の一つではないかとコメントしている。
また現役引退については「クリスティアーノは自分のことを愛し、自分のためになることをやるべきだ」と語ったカッサーノ。今夏にはユナイテッドからの退団を希望したC・ロナウドだが、彼のプレイをあとどのくらい見ることができるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ