185cm長身FWが増やす攻撃の選択肢 “町野×久保”若い2人の縦関係はどんなシナジーを生む?

町野修斗がE-1選手権に続いて招集された photo/Getty images

気になる組み合わせだ

浅野拓磨が負傷し、大迫勇也もクラブで出番なしと近年の日本代表を支えた2人のFWが9月に行われる親善試合のメンバーから外れた。

そこで選ばれたストライカーはセルティックの古橋亨梧と前田大然の2人とサークル・ブルージュの上田綺世、唯一の国内組は湘南ベルマーレから町野修斗が選ばれた。

今季湘南で9ゴールを決め、Jリーグの得点ランキングでは5位にいる町野。先日開催されたE-1選手権で初招集され、3ゴールと爪痕を残した。
185cmと長身の持ち主であり、今回の4人のストライカーでは最も大きい。前線でのターゲットマンとしての活躍が期待でき、ボールが収まる。湘南で鍛えられた守備も素晴らしく、今季は得点力が開花した。日本のトップカテゴリーで得点王争いをしており、1位のチアゴ・サンタナまで2ゴールとほぼ差はない。

アメリカ戦、エクアドル戦のパフォーマンス次第だが、前線でボールが収められれば攻撃の幅は大きく広がる。これまでの森保ジャパンは古橋のような得点に特化したストライカーはいたが、攻撃の組み立てがままならず彼らを生かし切れなかった。それでも、ここから彼らを生かすシステムを構築するのは難しく、今の戦術にストライカーを組み込む必要がある。それが大迫とタイプが似ている町野であり、森保監督もそう感じたのだろう。

レアル・ソシエダで久保建英はセカンドストライカーとして地位を確立しており、前線で起点を作れる町野とのコンビは興味深いものになる。町野が相手の守備者を引き付け、バイタルエリアのスペースを広げれば久保は動きやすくなる。ボールを支配することになるコスタリカ戦は[4-2-3-1]のトップ下採用が予想されており、町野と久保の縦関係は面白くなるだろう。

忍者ポーズのゴールパフォーマンスで注目を集めている町野。海外組含めたフル代表入りも果たしており、この22歳はサムライブルーに何をもたらしてくれるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ