開幕戦でチアゴがまさかの負傷離脱 リヴァプールは今夏に中盤補強はあるか

開幕戦で負傷交代となったチアゴ photo/Getty Images

ブロゾビッチに関心も?

開幕戦をフラムと引き分けたリヴァプールだが、勝点2を逃した以上に大きな痛手となったのがチアゴ・アルカンタラの負傷離脱だろう。地元紙『Liverpool Echo』によれば離脱期間は6週間ほどとなるようだ。

現在はアレックス・オックスレイド・チェンバレンとカーティス・ジョーンズをケガで欠き、ナビ・ケイタも離脱が続いている。その中でチアゴも離脱となるのは、中盤の戦力が不足しており、昨季中盤で輝きを放ったハーヴェイ・エリオットの活躍に期待がかかっている。

そんな中で同紙ではリヴァプールが今夏、急きょ中盤の補強に出るのではないかと報道。インテルのマルセロ・ブロゾビッチが獲得候補に挙がっており、残された期間でMFの獲得を行うかもしれない。

リヴァプールは例年ジュード・ベリンガムへの関心を続けており、今夏はレアル・マドリードへと移籍したオーレリアン・チュアメニにもオファーを提出していた。昨夏ジョルジニオ・ワイナルドゥムが退団してからMFの補強はないが、今夏の動きはあるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ