リヴァプールの“新19番”はレギュラー争う19歳の逸材 バイエルンへ移籍したマネのような活躍に期待

新シーズンに向けてトレーニングに励むエリオット photo/Getty Images

今季はどこで起用されるだろうか

7月に入り、欧州の新シーズン開幕まで1ヵ月と迫っている。背番号もさまざまな変化がある中、リヴァプールで昨季プレミアでの初先発も経験したハーヴェイ・エリオットが今季から背番号「19」に変更する。

フラムから2019年にリヴァプールへと加入したエリオット。20-21シーズンはチャンピオンシップのブラックバーンで41試合7ゴールと大きな活躍を見せると、昨季はリヴァプールでインサイドハーフとして先発の座をつかむなど急成長を遂げている。

そんな19歳は昨季の67番から19番へと変更。若手選手が背番号を小さくすることは近年ではカーティス・ジョーンズが48番から17番に変えた。エリオットも19番で、昨季以上の活躍を期待したい。

19番は一昨季に半年間だけオザン・カバクが付けたが、やはりその前任であるサディオ・マネの印象が強い。今季バイエルンへと移籍したセネガル代表FWは、2016-17シーズンにサウサンプトンからリヴァプールへ加入して19番を付ける。その後絶対的な存在としてフロントスリーの一角を担うと、2018-19シーズンには10番に変更。UEFAチャンピオンズリーグやプレミアリーグなどタイトル獲得に貢献した。

エリオット自身もリヴァプール公式HPのインタビューにて「子供の頃に『19』が入ったマネのユニフォームを持っていたのを覚えている」と応えており、19番を付けたひとつの理由として挙げている。真価が問われる今季、エリオットがリヴァプールのレギュラー争いにどう割って入るか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ