「100%信頼している」とジェズスが入団理由を説明 4500万ポンドで獲得されたストライカーは恩師のもとで活躍なるか

アーセナルが獲得を発表したガブリエウ・ジェズス photo/Getty images

シティ以来の再会となる

アーセナルからFWガブリエウ・ジェズスの獲得が正式に発表された。移籍金は4500万ポンド(日本円にして約73億円)で、背番号は退団したアレクサンドル・ラカゼットの9番を背負うことになる。

アーセナル待望のストライカーがようやくチームにやってきた。ラカゼット、ピエール・エメリク・オバメヤンと以前のストライカーはすでに退団しており、計算できるセンターフォワードはエディ・エンケティアのみだったが、これでジェズスとエンケティアの2人でシーズンを戦うことができる。

「ミケルのことは100%信頼している。彼は(マンチェスター・シティ)私を助けてくれた。知的で、選手としてもコーチとしても優れている」

アーセナルの公式ホームページではジェズスのインタビューが掲載されており、移籍の決め手はシティ時代共に戦ったミケル・アルテタの存在が大きかったと答えている。「100%信頼している」とアーセナルの指揮官を支持しており、来季から再び同じチームで戦うことになる。

ジェズスはシティ時代とは異なり、よく多くのプレイタイムを得られると予想できる。シティには約5年半在籍していたが、最多の出場時間は20-21シーズンの2060分と多くない。アーセナルではエンケティアを退けてストライカーの1番手であると予想でき、さらなる飛躍が見込めるだろう。

積極補強で生まれ変わるアーセナルの得点源としてこれから期待されるようになるジェズス。決定力不足は気になるが、ポストプレイや高精度のクロス、裏への抜け出し、守備強度と持つ武器は大きく、今後のチームを支えるのは間違いないだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.271 J1勢力図2022夏

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ