ファティは新シーズンに向け準備万端 背番号10は今季こそバルサのエースとなれるか

怪我のないシーズンを送れるか photo/Getty Images

この19歳にかかる期待は大きい

ここ2シーズンでリーグ戦17試合の出場に終わっているバルセロナのFWアンス・ファティ。今度こそ飛躍のシーズンとするため、プレシーズンから気合を入れて自主トレーニングに励んでいたようだ。

昨季からパリ・サンジェルマンへと移籍したリオネル・メッシの背番号10を受け継いでいるファティ。昨年9月には長期離脱を終え、1年弱ぶりとなる戦線復帰を果たした。しかしその後再び負傷してしまい、結局リーグ戦10試合の出場に留まっていた。

ファティは夏季休暇返上で自主トレーニングを行っており、フィジカルトレーナーのラウル・フェルナンデス氏やベンフィカのFWウマロ・エンバロとともに練習に励む姿を自らのSNSに投稿している。スペイン『MARCA』によれば、彼はここ数シーズンのような苦い思いをもう味わいたくないと考えており、それを避けるためにできることをすべてやっているようだ。

さらに、6月はスペイン代表の活動に参加していたこともあり、バルサのプレシーズンにはまだ参加しなくてもいいファティだが、同メディアによれば彼はこの段階でオフを切り上げ、初日からチームに合流する意気込みだという。

財政状況が厳しい現在のバルサにとって、ファティに再び頼ることができるのは大きい。バイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レヴァンドフスキやリーズ・ユナイテッドのFWハフィーニャ獲得の噂もあるが、そういった補強が実現するかどうかも怪しく、ファティにかかる責任がこれまで以上に大きいシーズンとなるかもしれない。

昨季はリーグ戦336分の出場で4ゴールを決め、1試合あたり1.07ゴールという高い得点率を記録したファティ。能力自体に疑いの余地はなく、あとは本人が自覚しているように継続してプレイすることが重要となる。今季こそバルサの10番にふさわしい成績を残すことができるだろうか(データは『FBREF』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ