歴代2位《74ゴール》なのにネイマールの名前がない…… ブラジル歴代選手TOP10に入れぬ厳しい現実

日本戦でも魅せてくれたネイマール photo/Getty Images

やはりW杯かバロンドールのタイトルがなければ……

6月に行われた日本代表との一戦でもPKからゴールを沈め、ブラジル代表通算得点数を74点まで伸ばしたFWネイマール。これはブラジル代表歴代2位の数字であり、ペレ氏の持つ最多得点数77ゴールまであと3点のところまできている。最多記録更新は時間の問題だろう。

だが、ネイマールの評価はどこか上がってこないところがある。例えば英『FourFourTwo』は、先日「ブラジル史上最高の選手TOP10」と題したランキングを発表しているが、ここにネイマールの名前は入っていないのだ。

10位:カカー

9位:ジャイルジーニョ

8位:ソクラテス

7位:ジーコ

6位:リバウド

5位:ロマーリオ

4位:ロナウジーニョ

3位:ガリンシャ

2位:ロナウド

1位ペレ

ランキングはこうなっており、1つの特長がワールドカップを制覇したかどうかだ。6位から1位に選ばれている選手は全員にワールドカップ制覇の経験があり、9位のジャイルジーニョ氏も1970年のワールドカップ・メキシコ大会で全試合得点を達成してワールドカップを制した経験を持っている。

8位の故ソクラテス氏、7位のジーコ氏にワールドカップ制覇の経験はないが、2人がいた1982年のスペイン大会におけるブラジル代表の評価は高かった。10位のカカーに関しては2007年にバロンドールを受賞しており、バロンドール受賞歴があるかないかも1つのポイントだ。

得点数ならネイマールはカカーやロナウジーニョも楽に超えるが、やはりこのランキングに名を刻むにはワールドカップかバロンドールの称号が必要だ。ワールドカップは今年のカタール大会が最後になる可能性もあるが、チームは優勝するだけの力を備えている。ワールドカップのタイトルさえあれば、このランキングで一気にTOP5あたりまで食い込んできても不思議はない。今年はネイマールの真価が問われる1年となりそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ