今も消えないロッベンの“ダイブ疑惑” メキシコが2分で地獄に突き落とされた8年前の記憶

PKを獲得するロッベンと、否定するメキシコの選手たち photo/Getty Images

当時のメキシコはメンバーもかなり豪華だった

ワールドカップ常連のメキシコ代表にとって大きな壁となってきたのがベスト16だ。1994年のアメリカ大会から実に7大会連続でグループステージを突破しているのだが、すべてベスト16で敗れている。グループを突破するだけでも凄いことだが、7大会連続でベスト16敗退というのも複雑な心境だろう。

PK戦までもつれながら敗れた1994年のブルガリア戦、先制しながらも、後半に入ってからユルゲン・クリンスマンとオリバー・ビアホフに連続ゴールを許して敗れた1998年のフランス大会・ドイツ戦、延長戦の末にマキシ・ロドリゲスのスーパーゴールで敗れた2006年ドイツ大会のアルゼンチン戦も惜しかったが、最もベスト8に近づいたのは2014年のブラジル大会かもしれない。

この大会はメキシコのサッカーファンにとって忘れられないものだ。ベスト16の相手は最終的にベスト4まで進んだオランダ代表で、メキシコは1点のリードを保ったまま88分を迎えた。

しかし、オランダのウェズレイ・スナイデルに強烈な同点弾を決められると、その2分後にFWアリエン・ロッベンがペナルティエリアで転倒。主審はPKとジャッジしたが、ロッベンの転倒がダイブだったのではないかと当時も話題を呼んだ。

オランダに2分間で逆転されることになり、メキシコはあと一歩のところでベスト8行きを逃した。オランダ『Soccernews』は当時を振り返り、あのゲームではメキシコの方が良いフットボールをしていたと認める。

当時のメキシコはベテランのラファエル・マルケス(当時35)、DFカルロス・サルシド(34)を中心に、MFエクトル・エレーラ(24)、マルコ・ファビアン(24)、ミゲル・ラジュン(25)、FWハビエル・エルナンデス(26)、MFアンドレス・グアルダード(27)、FWジオヴァニ・ドス・サントス(25)らが中堅世代を迎えていた。2012年のロンドン五輪も制しており、世代的にはかなり強かったと言える。それだけに、ロッベンの疑惑のプレイからベスト8行きを逃したことに大きな悔しさがあったことだろう。

今年のカタール大会にもメキシコは出場してくるが、おそらくチーム力は2014年当時が上だろう。メンバー的にも2014年はベスト8、さらに上のベスト4も目指せたかもしれない。準々決勝でオランダはコスタリカと戦っており、当時のメキシコならばコスタリカにも勝算はあったはず。

もう8年も前のことだが、同メディアは未だにメキシコのサッカーファンが悔しい気持ちを抱いていると綴る。現在のVARがあればロッベンのプレイも判定が変わっていた可能性があり、今でも悔しいオランダ戦最後の2分間となっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ