W杯・ロシア大会で3位だったベルギーの現状 ルカク、アザールら“旬の過ぎた”選手で勝ち上がれるのか

アザール、ルカクが不調でベルギー代表は大丈夫なのか photo/Getty images

世代交代が進んでいない

21-22シーズンも残りわずかとなっており、各選手の今季の評価はほぼ固まっている。評価を上げた選手もいれば、下げた選手もおり、2022年の冬に開催が予定されているワールドカップ・カタール大会に影響することになるだろう。

その中で少し心配なのはベルギー代表だ。ケビン・デ・ブライネ、ティボー・クルトワ擁する強豪国でW杯ロシア大会では3位、EUROでは2016年大会、2018年大会共にベスト8に残っている。今回のカタール大会も期待されているが、現状では4強入りすら難しい可能性がある。

それはロメル・ルカク、エデン・アザールの不調である。ルカクは昨季、インテルで24ゴール11アシストの大暴れを見せ、今季CL王者のチェルシーに引き抜かれた。しかし、トーマス・トゥヘルと絶望的に合わず、今季はシーズン終盤でまだ7ゴールと大苦戦している。ルカク本人も移籍を希望しており、今季は最悪の年となった。移籍するのか残留するのかまだ分からないが、残留となればカタールで活躍を期待するのは難しい。

アザールは完全にピークを過ぎてしまった。キャリアの最高潮でチェルシーからレアルに移籍したはいいものの、怪我で満足にプレイできず。今季でスペイン3季目だが、リーグ戦ではまだ通算4ゴールしか挙げられていない。ベルギー代表ではまだ不動のエースだが、ロベルト・マルティネス監督が彼をどう扱うのか注目である。

それでも、まだ期待感を持てるとすればデ・ブライネの状態の良さだろう。今季は怪我の影響で出遅れたが、試合をこなすことに調子を上げており、今では誰にも止められないチャンスメイカーになっている。アシストをするだけでなく自身でゴールを奪うことも可能で、ルカクの復活があればベルギーはまだまだやれる。

デ・ブライネ以外の3トップの状態が悪いベルギー代表。若手を多く召集するなど世代交代は図っているようだが、まだまだ時間がかかることが予想されており、カタールでは苦戦を強いられることになるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ