ジョタ、ディアスで崩したマネの逆転弾 新戦力台頭で勢い増すリヴァプールの“フロントスリー”

逆転弾を決めたマネ photo/Getty Images

ヴィラ戦での逆転ゴールを奪う

リヴァプールはプレミアリーグ第33節でアストン・ヴィラと対戦し、2-1と逆転勝利を果たした。この試合の決勝点となったサディオ・マネの得点は、リヴァプール攻撃陣の見事な崩しからのゴールだった。

開始3分で失点を喫したリヴァプールだったが、6分にジョエル・マティプが同点に追いつき試合を振り出しに戻す。その後は一進一退の攻防を続けていた両者だったが、次にゴールネットを揺らしたのもリヴァプールだった。ディオゴ・ジョタのパスを受けたルイス・ディアスが中央に送ると、最後はマネが合わせて逆転に成功する。

この得点シーン、左サイドへと展開したのは左ウイングに入ったジョタだった。マネからボールを受けると左へと抜け出していたディアスへ、素晴らしいボールを供給。するとディアスは相手ディフェンスに対し、完全に抜き切る前にクロスを送る。早いタイミングでのパスで中央も対応に遅れると、マネはその一瞬を見逃さずにゴールを決めてみせた。

まさにハイレベルなFW3選手によるスピーディーな得点だったといえる。怪我から復帰したばかりのロベルト・フィルミーノや連戦のために温存となったモハメド・サラーがサブからスタートとなった今節だが、ジョタやディアスといった近年に加入したFWたちが着実に戦力としてチームに貢献している。もうリヴァプールの代表的なフロントスリーはマネとサラー、フィルミーノだけではないのだ。それが目立ったゴールシーンだったといえる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ