「冨安に出来ないことは何だ?」 全部出来ることを証明した“アジア最高DF”衝撃のプレミア1年目

アーセナルサポーター全員を納得させた冨安 photo/Getty Images

守備から攻撃まで何でもこなす万能DFの姿

プレミアリーグ挑戦1年目で日本代表DF冨安健洋が証明したことは何か。それは、何でも出来るDFだということだ。

現代サッカーではとにかく弱点の少ないDFが好まれる傾向にあり、守備能力から攻撃の組み立てまであらゆる能力が求められる。そしてアーセナルに加わった冨安はそのほとんどすべてを備えている。

センターバックを本職としながらアーセナルでは右サイドバックを務め、先日のリーズ・ユナイテッド戦では左サイドバックにも対応。ひとまずこれで最終ラインの全ポジションを担当できることはアピールできた。
能力も申し分ない。地上、空中の両方で1対1に強く、サイドバックの位置から安定してボールを運ぶこともできる。ワールドクラスのフィードこそ持ち合わせていないかもしれないが、シンプルかつ効果的な繋ぎはきっちりとこなしてくれる選手だ。

そんな冨安をアーセナルは昨夏に1670万ポンドでボローニャから引き抜いている。今季は怪我による離脱があったものの、能力や年齢を考慮すれば十分にバーゲン価格と言っていい。

アーセナル専門メディア『Pain In The Arsenal』は「冨安に出来ないことは何だ?」と左サイドバックに対応したリーズ戦のパフォーマンスを評価する。

「冨安は優秀なアスリートであり、エアバトルも怪物級。3バック、4バックのどこでもプレイ可能で、1対1も強く、確かな技術でボールを持てる。これらすべてが1670万ポンドだ」

同メディアもコストの部分に注目しているようで、現代の移籍金額から考えると1670万ポンドはお得な方だ。冨安が今後数年間アーセナルの最終ラインを防衛してくれるのであれば、これ以上ない補強と言える。

冨安の活躍には世界のサッカーファンは驚いているはずで、アジアから突然ワールドクラス級のDFが出てきたような感覚だ。今のアジアに冨安と同等の働きをこなすDFはいないのではないか。日本代表にとってもアーセナルにとっても大きすぎる存在で、来季はリーグ戦38試合にフル稼働する冨安を見たい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ