直近22カ月で“134試合出場”は忙しすぎる クラブ&代表で休めぬB・フェルナンデスの気になる疲労

マンUでもキーマンとなるフェルナンデス photo/Getty Images

怪我のリスクは付きまとう

今年にはワールドカップ・カタール大会も控えているが、各国代表選手たちの疲労はどうなるのか。不安視されている選手の1人がマンチェスター・ユナイテッド所属のポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスである。

フェルナンデスはマンUでは絶対の主力であり、ポルトガル代表でも常連メンバーだ。代表は昨夏のEURO2020、ワールドカップ欧州予選、さらにはプレイオフまであり、ポルトガル代表選手たちは忙しい時を過ごしてきた。

マンUに加入したのは2020年冬のことだが、すぐ主力となったフェルナンデスは2019-20シーズン後半戦よりヨーロッパリーグ、プレミアリーグなどでフル稼働。2020年の6月から2021年の6月を振り返ると、この1年でフェルナンデスはクラブと代表合わせて84試合もこなしていることになる。

忙しさは今季も変わらず、ここ22カ月では134試合に出場していることになるという。スペイン『Tribuna』も疲労の蓄積を気にかけており、疲労が溜まれば当然ながら怪我のリスクも増してくる。

数字の変化も気にかかる。昨季はプレミアリーグで18得点12アシストと見事な数字を残していたが、今季は9得点6アシストに留まっている。まだ今季のゲームは残っているが、現段階では両方とも半分の数字となっている。

これはチーム状況、さらにはクリスティアーノ・ロナウドとの相性があまり良くないのではないかとの意見もあり、フェルナンデス個人だけの問題ではないだろう。とはいえ、来季からチームを指揮するエリック・テン・ハーグの下でもフェルナンデスは主力となるはず。フェルナンデスの能力を100%引き出すのは上位浮上への絶対条件であり、テン・ハーグとしても昨季の得点数&アシスト数に戻したいところだろう。

今年のカタール大会でもフェルナンデスはかなりの確率でメンバーに入ってくるだろうが、このフル稼働はコンディションにどう影響してくるのか。試合数の多さは現代サッカーの問題点の1つと議論されることがあるが、フェルナンデスもかなり忙しいキャリアを過ごしている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ