1シーズン未満で市場価値は6000万ユーロに バルセロナに現れた超新星のサクセスストーリー

スターダムを駆け上がるガビ photo/Getty images

一気にスターダムに駆け上がった

伝統の一戦であるエル・クラシコにて永遠のライバルであるレアル・マドリードを下したバルセロナ。今季はすでに2度対戦しており、そこでは連敗していただけに嬉しい勝利となった。

そんなバルセロナだが、彼らが強いときには常に優秀な若手がチームを支えている。最終ラインでいえばロナウド・アラウホがおり、中盤ではペドリ、ニコ・ゴンザレス、そしてガビがいる。

シャビ・エルナンデス新監督のおかげでここまで復活したバルセロナだが、21-22シーズン開幕時はこれほどの希望に満ち溢れていなかった。前ロナウド・クーマンはバルサらしくないサッカーを行い、チームは次第に失速していく。それでも、わずかな希望はあった。それがガビだ。

クーマンがトップチームでの経験がなかったガビを昇格させ、起用するととんでもないスピードでステップアップしていく。現在のバルセロナではすでに居場所を見つけており、UEFAネーションズリーグ・イタリア戦では17歳の若さでスペイン代表デビューを果たした。そこからは代表で常連であり、今回の親善試合では9番を背負うことが分かっている。

現状ではペドリやフレンキー・デ・ヨングが復活したことでスタメン固定とはならないが、クラシコでは後半から出場するなど、シャビ監督からの信頼も完全に掴んでいるといえる。偉大な先輩であるアンドレス・イニエスタに例えられることもあり、まだ17歳というのが驚きだ。

とてつもないスピードで今季を駆け抜けているガビだが、データサイト『transfermarkt』が設定している市場価値がすでに6000万ユーロ(日本円にして約79億円)にまで跳ね上がっている。これだけの活躍をすれば当然とも考えられるが、リーガ・エスパニョーラではアンス・ファティやエデル・ミリトンらと並んで8位タイの市場価値となった。これからも恐ろしい速さでの成長が考えられ、ペドリの8000万ユーロ(日本円にして約106億円)と並ぶのも時間の問題だといえる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.271 J1勢力図2022夏

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ