チッチ体制、そしてネイマール&T・シウバの集大成 セレソンはカタールの地で頂点に届くか

ブラジル代表を指揮するチッチ photo/Getty Images

2022年は1つの区切りとなる

25日、ブラジル代表を指揮するチッチが今年のワールドカップ・カタール大会を最後に退任する意向を表明した。

60歳のチッチは2016年からセレソンを指揮しており、2019年にはコパ・アメリカも制した。以前ほどの派手さはないかもしれないが、堅実で強いブラジル代表を作ってきたバランス能力に優れた指揮官と言えよう。

そもそも現在は世界的名将とされるブラジル人指揮官が少なく、チッチ以上に適任がいるかは疑問だ。このままいけばチッチは6年間セレソンを指揮することになるが、これは21世紀に入ってからはセレソン最長の数字となる。

ブラジル代表はすでに今年のカタール大会出場を決めているが、この大会は30歳の現エース・ネイマール、長らく最終ラインを統率してきた37歳DFチアゴ・シウバにとって最後のワールドカップになる可能性もある。チッチの退任と合わせ、ブラジル代表にとって1つの集大成となるのではないか。

今のブラジルにはレアル・マドリードで活躍するヴィニシウス・ジュニオール、アヤックスのアントニーなど優秀なアタッカーも多く、センターバックにもレアルのエデル・ミリトンがいる。それでも、やはりネイマールとチアゴ・シウバは2010年代のブラジルを引っ張ってきた特別な攻守のリーダーだ。現世代で大きな成功を掴みたい。

中盤もピークの状態にあるカゼミロ、ファビーニョの守備的MF2人、アストン・ヴィラでスティーブン・ジェラードと再会して自信を取り戻したように見えるフィリペ・コウチーニョなど楽しみな人材が揃っており、カタール大会でも優勝候補の一角なのは間違いない。

ブラジルとしては最高の形でチッチ体制を終えたいところだが、2002年の日韓大会以来となる頂点に手は届くか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ