26試合で勝ち点47は昨季より悪い…… 3年前は“72ポイント”奪っていたユーヴェの復活はどうなる

ユヴェントスを指揮するアッレグリ photo/Getty Images

再建への道は険しい

今冬にはFWドゥシャン・ヴラホビッチ、MFデニス・ザカリアと即戦力を2枚加えたユヴェントスだが、圧倒的だった2010年代の力を取り戻せるだろうか。

マッシミリアーノ・アッレグリ体制でリスタートを切った今季は、ここまでリーグ戦26試合を消化して勝ち点47を獲得している。一応4位にはつけており、すこぶる悪い成績というわけでもない。ただ、やはり過去のシーズンと比較してしまうと物足りなさは残る。

伊『Tuttomercato』も過去5シーズンを振り返っているが、アンドレア・ピルロ体制だった昨季も26試合消化時点では勝ち点55を獲得できていた。得失点の内訳も53得点22失点となっており、対して今季は38得点23失点だ。26試合消化時点では昨季の方が良い成績なのだ。

2019-20シーズンは同時期で勝ち点63、50得点24失点。アッレグリ体制だった2018-19シーズンはもっと圧倒的で、26試合消化時点で23勝3分で72ポイントを獲得。55得点16失点と守備の安定感が目立つ。

得点部分については、クリスティアーノ・ロナウドを失った影響も大きい。今冬に新エース候補となるヴラホビッチを加えているため、攻撃面はここからもう一度構築していくイメージか。

守備面はジョルジョ・キエッリーニとレオナルド・ボヌッチの高齢化が気になるところではあるが、過去のシーズンと比較してもそこまで悪くない。確かに2017-18シーズンの同時期は15失点、2018-19シーズンは16失点と少なく抑えられているが、今の23失点も一応はセリエAで3番目に少ない数字だ。

2017-18シーズンは最終的に勝ち点95、2018-19シーズンは勝ち点90を獲得してリーグを制しているが、その頃の強さを取り戻していけるのか。今冬より本格的にスタートした再建の行方に注目が集まる。、

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ