完成近づくキエッリーニの“後継者” バストーニは今後10年間イタリアの防壁となる

インテルで成長するバストーニ photo/Getty Images

すでにA代表で主力になれる

昨夏のEURO2020を制したイタリア代表にとって、今後の課題の1つとなるのが世代交代だ。全体的に若い選手は増えているが、センターバックはジョルジョ・キエッリーニとレオナルド・ボヌッチが未だに存在感を放っている。年齢的にもここは世代交代のポイントだろう。

EURO2020でも活躍した2人には特別な経験値があり、それを若手が受け継ぐには時間がかかる。ただ、能力的には確かな実力者が出てきている。

キエッリーニの後継者として完成した存在になりつつあるのは、インテルで活躍するアレッサンドロ・バストーニ(22)だ。EURO2020ではバックアッパーだったが、すでにA代表でも主力を務めるだけの実力はあるだろう。キエッリーニと同じレフティーであり、なおかつ足下の技術はキエッリーニ以上のものがあると言っていい。

9日のラツィオ戦では1得点1アシストの活躍を披露しており、伊『Calciomercato』は3月に行われるワールドカップ・プレイオフでバストーニを左サイドバックに回す提案もしている。

EURO2020で左サイドバックを務めたレオナルド・スピナッツォーラが長期離脱しているため、プレイオフまでに万全の態勢が整うかは分からない。バストーニにはスピナッツォーラほどの推進力はないが、安定した守備力と左足のフィードは武器になるだろう。左サイドバック起用は1つの選択肢だ。

ひとまずキエッリーニの後継者問題はバストーニの登場で解決されるはずで、このタイミングでバストーニが成長してきたのは大きい。世界的にも貴重なレフティーのセンターバックであり、上手くいけば今後10年ほどはバストーニがアズーリの最終ラインを統率することになりそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ