ディ・マリア、デパイに次ぐ《マンU失敗補強》になる恐れ 16戦1ゴールとサンチョ大苦戦

昨夏マンUが獲得したサンチョ photo/Getty Images

現状には厳しい評価が

アレックス・ファーガソン氏の退任以降1度もプレミアリーグを制覇できていないマンチェスター・ユナイテッドは、ここ8年ほどの間で何度も迷走と呼べる補強を繰り返してきた。

昨夏のFWクリスティアーノ・ロナウド復帰もその1つに含まれるかもしれないが、お金をかける割に結果が出ないのだ。

英『Football365』は「プレミアリーグにおける2012年以降のワースト補強」を1年ごとに振り返っているが、そこではマンUの選手が目立つ。

まず2014年はMFアンヘル・ディ・マリアだ。レアル・マドリードより5970万ポンドもの移籍金で獲得したが、ルイ・ファン・ハールの下でフィットせず。その後のパリ・サンジェルマンでの活躍を考えれば、ディ・マリアの才能を活かせなかったのは痛すぎた。

翌年の2015年はPSVから獲得したFWメンフィス・デパイだ。クラブの象徴でもある7番を背負ってNewスターになることが期待されたが、プレミアリーグでは真価を発揮できず。才能はあったが、それを発揮しきれなかった印象だ。

2018年には、アーセナルから迎えたFWアレクシス・サンチェスも失敗に終わった。アーセナルでの活躍を期待していたサポーターは多かったはずで、すでにプレミアリーグで通用することは証明済みだった。

しかし、サンチェスはマンUで5得点しか奪えず。ピークを過ぎ始めていた時期だったのかもしれないが、こちらも7番を背負って大失敗することになった。

そして2021年夏。同メディアがプレミア・ワースト補強に選んだのが、マンUがドルトムントから獲得したFWジェイドン・サンチョである。

まだ移籍から1シーズン経過していないため、ワーストとジャッジするのは早い。しかし、プレミアリーグ16試合で1点しか奪えていないのは厳しい。サンチョにも次期7番候補との期待はあるが、現状の成績ではクラブの象徴になれないだろう。

移籍金も7300万ポンドと高額だ。来季もこの成績が続くようなら、サンチョも失敗例と確定してしまうだろう。ドルトムントでは大活躍だっただけに、マンUでその才能を発揮できるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ