《セリエA通算61ゴール》でもアルゼンチン代表には入れない? 4クラブで二桁得点決めた男

ヴェローナでプレイするジョバンニ・シメオネ photo/Getty Images

代表でプレイする実力はあるはず

今もアルゼンチン代表の前線にはインテル所属のラウタロ・マルティネス、ホアキン・コレア、リーベル・プレートで注目を集めるフリアン・アルバレスなど魅力的な人材が揃っているが、その中に割って入れないのだろうか。

現在セリエAでラウタロ、コレア以上に得点を奪っているアルゼンチン人FWがヴェローナ所属のジョバンニ・シメオネである。

ここまで11得点を挙げており、チーロ・インモービレ、ドゥシャン・ヴラホビッチに次ぐ得点ランク3位につけている。
シメオネはやや変わったキャリアを歩んでいる選手で、今季の二桁得点によって2016-17シーズンのジェノア時代(12点)、2017-18シーズンのフィオレンティーナ時代(14点)、2019-20シーズンのカリアリ時代(12点)、そして今季のヴェローナと、セリエA4クラブで二桁得点を達成することになった。

ただ、代表とはあまり縁がない。これまでアルゼンチン代表で5試合プレイしているが、最後にプレイしたのは2018年だ。

シメオネの場合はややアップダウンがある。2017-18シーズンにフィオレンティーナで14得点を挙げたのに、その次のシーズンは6得点までダウン。

2019-20シーズンには12点を挙げて再び評価を高めたが、その次のシーズンはまた6得点まで減った。このアップダウンがなければ、代表からも声がかかったはず。

今季はカリアリからのレンタルでヴェローナに加わっているが、シメオネも26歳。そろそろ上位クラブで腰を落ち着けたい年齢だ。

実力的にはアルゼンチン代表に入ってもいいはずだが、セリエA通算61得点のストライカーでも入れないのか。他国の代表なら間違いなく入っているはずで、アルゼンチンFW陣の競争力を感じさせる結果となっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ