若手はスミス・ロウだけじゃない 冨安と共に右サイドで躍動するヤング・ガナーズの中心人物

スミス・ロウと同様にチームを支えるサカ photo/Getty Images

まだ20歳の選手だ

今季は昨季のような停滞感が見られないアーセナル。直近のニューカッスル戦でも2-0と完勝しており、勝ち点3を獲得している。

今季のアーセナルといえばやはり若手の活躍が著しい。移籍組では日本代表の冨安健洋やベン・ホワイト、アーロン・ラムズデール、ヌーノ・タヴァレスが躍動しており、既存組ではエミール・スミス・ロウやガブリエウ・マルティネッリが活躍している。その中でも特にブカヨ・サカの成長が感じられるシーズンとなっている。

アーセナルのアカデミーで育ったいわゆる生え抜きのサカは10番を付けるスミス・ロウと並ぶチームの中心人物であり、今季はサイドハーフでの起用が見られている。昨季はキーラン・ティアニーの不在もあって左サイドバックでの起用も見られたが、彼の能力を生かすのであれば前線が良いだろう。

そんなサカの武器はやはりドリブルでの突破力だ。左利きのサカは右サイドからカットインすることが多く、そこからのシュートやパスでチャンスメイクを行っている。どちらも高精度であり、ガナーズを代表する武器である。特にボールを失わずにドリブルでの突破を行える点がでは、同じくサイドを主戦場とするニコラ・ペペの上をいっており、ミケル・アルテタ監督もサカを重宝している。また、右サイドバックの冨安との連携も高まってきたところで、サカ&冨安コンビの右サイドが今のファーストチョイスだ。

ニューカッスル戦でも素晴らしい抜け出しからゴールを奪ったサカ。スミス・ロウとともに高いパフォーマンスを維持しており、今後もアーセナルを支える中心人物であることは間違いない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ