冨安健洋はワールドクラスのDFになるか これだけ完成度が高くて《23歳》という事実

アーセナルで活躍する冨安 photo/Getty Images

CLで戦う姿が見てみたい

今季よりアーセナルでプレイしている日本代表DF冨安健洋はワールドクラスのDFへと成長するだろうか。

アーセナルは先日のリヴァプール戦を0-4で落とすことになり、冨安の評価も伸びなかった。しかしプレミアリーグ1年目ということを考えれば、ここまでの冨安のパフォーマンスに文句はつけられないはず。

高さ、スピード、危険を察知する嗅覚、ポジショニングのセンスなど、冨安は現代サッカーで求められている欠点の少ないDFだ。日本からこのようなDFが出てきたことに世界も驚いているのではないか。

英『HITC』もここまでの働きを絶賛する。

「冨安はアーセナルで右サイドバックの1番手として地位を確立した。彼はセンターバックでもプレイできるが、現状は右サイドバックだ。そしてその位置で非常に上手くやっている。彼は攻撃的なサイドバックではないが、守備は堅実だ。アーセナルは非常に良い日本人選手と契約した。彼は良くなるばかりだろう。そして何より彼はまだ23歳だ」

23歳と若いことも今後が楽しみな理由の1つだ。アーセナルがどこまで力を取り戻すか分からないが、アーセナル以上の実力を持つクラブへステップアップすることも不可能ではないだろう。2、3年後にはチャンピオンズリーグで戦うレベルのクラブから声がかかるかもしれない。

これまでもインテルでプレイした長友佑都、シャルケでプレイした内田篤人など、チャンピオンズリーグを経験した日本人サイドバックはいた。ただ、彼らは攻撃面のセンスや献身性が評価の理由となってきた。センターバックもこなせる冨安とはタイプが異なり、高さやパワーも含めた守備の部分が評価されている冨安は日本人選手としてかなり珍しい存在だ。

いつの日かセンターバックとしてチャンピオンズリーグを戦う冨安の姿が見てみたいが、アーセナルで実現することはあるのか。冨安は日本人選手としては初と言っていいワールドクラスのセンターバックになる可能性を秘めている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ