“6シーズン連続得点”とアーセナルはお得意様 先制点を決めて4ゴールの口火を切ったストライカー

アーセナル戦で1得点1アシストのマネ photo/Getty Images

ヘディングシュートで先制点を奪う

プレミアリーグ第12節でリヴァプールとアーセナルが対戦。ホームのリヴァプールが4-0で完勝した。サディオ・マネは、“お得意様”であるアーセナルを相手に先制ゴールを決めてゴールラッシュの口火を切った。

試合は両者が決定機を作るなど一進一退の攻防を続ける。38分、右サイドからのFKを得ると、トレント・アレクサンダー・アーノルドのキックに合わせたマネが頭で合わせてゴールネットを揺らす。マネはさらに73分にモハメド・サラーの得点をアシストするなど、チームの勝利に大きく貢献した。

マネはリヴァプールへ加入後、毎年アーセナルから得点を奪っている。今試合の得点でその記録は6シーズン連続となり、11ゴールと苦しんだ昨季も2試合で1得点1アシストを決めるなど、アーセナルが“お得意様”となっているのだ。

今季はこれで7ゴール目となり早くも昨季のゴール数を超えそうなマネ。彼の復調は、今季のリヴァプールにとって大きな武器となっていることだろう。アーセナルとの再戦は2月22日となるが、それまでにさらに得点数を重ねて敵地でも大暴れできるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ