ジャガー浅野かドリブルキング三笘か オマーン戦ではどちらを見たい?

ベトナム戦では浅野拓磨が選ばれた photo/Getty Images

ベトナム戦での浅野は微妙であった

日本代表は11日にベトナム代表と対戦。伊東純也の先制点を守り切ったサムライブルーが白星を獲得した。

重要なゲームであったベトナム戦で勝ち点3を積み上げた日本代表。結果だけを見ればよいスタートを切ったが、このままではまずい。アジアのレベルが上がっているとはいえ、ベトナムは格下であり、W杯でベスト8入りを目標とする日本代表であれば、簡単に勝てなければおかしい相手だ。

改善点があるとすれば後半の交代策か。日本代表は南野拓実に代え、浅野拓磨を投入した。浅野はオーストラリア戦で決勝ゴールを決めるなど代表ではスーパーサブ的に起用されているが、ボールコントロールに長けておらず、細かいパスワークを行うサイドでの崩しには向いていない選手だ。裏ではなく足元へのボールが多かったことも影響しているだろうが、ベトナム戦でもボールロストが多く、流れが悪くなってしまっていた。

次回のオマーン戦では三笘薫を起用するべきだろう。今回がフル代表初招集となった三笘だが、ベルギーでは左ウイングバックとしてプレイし、自身の武器であるドリブルから何度も好機を演出している。ハットトリックも達成しており、得点力のある選手だ。

三笘であればある程度単独での突破が見込め、右サイドに比べて迫力のなかった左サイドに違いを生み出すことができる。また、後半から投入された中山雄太は左サイドをオーバーラップし、チャンスを作っていた。ドリブルで中に切り込むことの多い三笘との相性も良く、オマーン戦では三笘、中山のコンビが左サイドで輝きそうだ。

ベルギーで結果を出しフル代表に呼ばれた三笘。ベトナム戦では出番を得られなかったが、次節オマーン戦でそのベールを脱ぐことはあるのか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ