マンUに続いてバルサも混乱 デパイ《2度目》のビッグクラブ挑戦もタイミング悪かった?

今夏バルサへ移籍したデパイ photo/Getty Images

実力は十分だが……

才能はある。しかし、タイミングが噛み合わない。

今夏リヨンからバルセロナに移籍したFWメンフィス・デパイは、少々不運な選手なのかもしれない。

デパイがビッグクラブへ挑戦するのは2度目のことだ。1度目は2014年のマンチェスター・ユナイテッド行きで、オランダの次代を担う才能として大いに期待されていた。

ところが、マンUはアレックス・ファーガソン氏の退任以降、混乱状態にあった。デパイはいきなり伝統の7番を任されることになったが、沈みかかっていた名門を支えるには若過ぎたのかもしれない。当時のデパイはプレッシャーを跳ね除けることができなかった。

挫折を味わったデパイはその後フランスのリヨンで復活し、今夏に2度目の挑戦としてバルセロナへ乗り込んだ。年齢を重ねたことで選手として成熟し、代表の方でもエースになった。ビッグクラブへ向かうには万全のタイミングだったはずだ。

ところが、バルセロナも混乱していた。リオネル・メッシ退団はデパイにとっても驚きだったはずで、アントワーヌ・グリーズマンまで退団。攻撃の形が見えぬままシーズンが始まってしまい、チームの調子は上がらないままだ。

デパイはバルセロナで結果を出しているが、孤軍奮闘では厳しい。代表でも一緒に仕事をしてきた指揮官ロナルド・クーマンも解任されてしまい、バルセロナは危機を迎えている。デパイにとってはタイミングの悪い移籍だったと言えよう。

オランダのPSVではいくつかタイトルを手にしたが、デパイはイングランド、フランスでは無冠だった。バルセロナにてリーガ・エスパニョーラとチャンピオンズリーグ制覇を夢見ていたことだろうが、現状はどちらも遠い目標だ。

5大リーグで無冠のままキャリアを終えるのは避けたいはずだが、デパイのバルセロナ移籍は成功となるのか。2度目の挑戦も嫌な空気が漂っている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.271 J1勢力図2022夏

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ