鈴木優磨も試したかった “大迫勇也頼み”となるしかないセンターフォワード問題

シント・トロイデンで結果を出してきた鈴木 photo/Getty Images

大迫を脅かす者が少ない

最終予選のタイミングでセルティックFW古橋亨梧が戦力として計算できるようになったのは大きいが、やはりまだ日本代表のセンターフォワードは選択肢が少ない。

今月の代表マッチウィークではフランス2部のトゥールーズで活躍するFWオナイウ阿道も召集されていたが、結局はサウジアラビア戦の73分から起用されたのみ。オーストラリア戦では出番がなかった。

前線中央を1枚のみとする場合、現状は大迫勇也を1番手で固定するか、思い切って古橋をスタメン起用するしか選択肢がない印象だ。2018年のワールドカップ・ロシア大会から大迫を脅かすFWがなかなか出てこなかったのは痛すぎた。

ベルギーのシント・トロイデンではFW鈴木優磨も結果を出していたが、森保ジャパンには召集されていない。鈴木も代表の戦力と計算できる実力者のはずで、最終予選までにテスト出来ていなかったのは残念か。

オーストラリア戦には勝利したが、得点力の部分に物足りなさは残ったままだ。鈴木を筆頭にセンターフォワードの選択肢を増やしておきたいところだったが、今のところは大迫の奮起に期待するしかなさそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ