ヴィニシウス覚醒でムバッペはどうする? レアルの“最重要補強箇所”はどこだ

覚醒するヴィニシウス photo/Getty Images

来夏へプランの見直しは

今季開幕前、レアル・マドリードには攻撃面での不安があった。得点を期待できる選手がカリム・ベンゼマくらいしか見当たらなかったからだ。

しかし、その予想は良い方向に裏切られた。カルロ・アンチェロッティ復帰以降、21歳のヴィニシウス・ジュニオールが別人のような動きを見せているからだ。

ドリブルは上手いが、得点力は低い。それが昨季までのヴィニシウスのイメージだったが、今季早くもリーグ戦で4得点を記録。リーガ・エスパニョーラにおけるキャリアハイを更新することになった。

開幕からの4試合だけでは判断できないが、ヴィニシウスの中で何かが変わり始めているのは間違いない。問題は、今後どのように攻撃陣を再編していくかだ。

レアルは今夏もパリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペ獲得が噂されていたが、『EuroSport』はヴィニシウスの覚醒次第では別のポジションの補強に資金を回してもいいのではとの考えを示している。

まずは最終ラインだ。ここはダビド・アラバをバイエルンから迎えたものの、セルヒオ・ラモスとラファエル・ヴァランが同時に抜けた穴は大きい。一流のセンターバック獲得へ動くべきだろう。

中盤もレンヌからエドゥアルド・カマヴィンガを加えたものの、期待されていたマルティン・ウーデゴーはアーセナルに移籍。中盤の世代交代はまだ完了していない。

同メディアも現在のレアルでは攻撃陣が1番計算できると評しているが、ヴィニシウスの覚醒次第では補強プランを再考してもいいかもしれない。

ムバッペの場合は右のウイングもこなせるため、左にヴィニシウス、右にムバッペと使い分けることは可能だが、レアルは来夏にどう動くのか。ヴィニシウスの活躍は嬉しいサプライズとなっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ