ギルモアはノリッジで大成長を遂げる? 1年でプレミア屈指のMFとなる可能性

ノリッジへのレンタル移籍が決まったギルモア photo/Getty Images

数年後にプレミアはギルモアのリーグに!?

はたして、20歳の若者は武者修行先でどれほどスケールの大きな選手となってチェルシーに帰ってくるのか。ブルーズではなかなか出場機会に恵まれなかった男に、成長のビッグチャンスが訪れている。

その男とは、スコットランド代表MFビリー・ギルモア(20)だ。近年、優秀な人材を多数輩出しているチェルシーのアカデミーから出てきた最新作は、2021-22シーズンにノリッジ・シティへとレンタル移籍することとなった。

今季のチェルシーではハイレベルすぎる中盤の定位置争いで後れを取り、リーグ戦での出場は5試合にとどまった同選手。だが、その才能はチェルシーファンならば誰もが知るところ。まだ若い選手だけに、ノリッジでひと回り大きくなって帰ってくることとなれば、再び定位置奪取を狙えるチャンスも出てくるはずだ。そういった意味で、ノリッジで過ごす2021-22シーズンは彼の今後のキャリアを左右する上でも非常に重要な時間となってくることだろう。

加えて、ギルモアがノリッジで自分の持てる力を十分に発揮することができれば、1年後にプレミア屈指のMFとして評価されている可能性も低くない。ノリッジでチームメイトになるMFケニー・マクリーンも、彼の才能は単なる“良い選手”で終わるレベルにはないと次のように語る。

「今後10〜12年ほどの間に、プレミアはギルモアのリーグになる可能性があると思うよ。そして、このノリッジへのレンタルを経て、彼はいずれチェルシーの絶対的なMFになると思う。そのための重要なステップとしてノリッジを選んでくれたことは本当に素晴らしいね。我々にとっては本当に大きなサインだ。僕らのポゼッションを重視した戦術は、彼の成長の手助けになると思う。チームも彼と一緒に成長を遂げることができると思うし、将来的にリーグの中心となるであろう選手とともにプレイできるのは非常に喜ばしいことだ」(英『talkSPORT』より)

新しくチームメイトとなる男に、ここまで言わしめる才能を備えたギルモア。多少のリップサービスが含まれている可能性も低くないが、これほど絶賛されてもおかしくない実力は持っている。そう遠くない未来に起こるであろうギルモアの大成長。2021-22シーズン、20歳MFの一挙手一投足からは目が離せない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ