過去にプレミアを席巻したアタッカーがウーデゴーの後釜に? 復活を期すガナーズの補強候補 

リヴァプールで大活躍したコウチーニョ photo/Getty Images

昨季はけがに泣いたコウチーニョ

今季のバルセロナでは序盤戦で起用されてチームに貢献するものの、けがにより離脱を余儀なくされてしまったフィリペ・コウチーニョ。財政難のクラブはコウチーニョの売却を考えているのではないかと噂が出ている。

そんな中で候補に挙げられるのがアーセナルだ。今季は8位でシーズンを終了したチームは、冬にレアル・マドリードから加入し、活躍したマルティン・ウーデゴーは、レアルへの復帰の可能性が高い。彼の後釜となれる選手の獲得は、今オフでの優先事項の1つだ。

コウチーニョはパスやドリブルは一級品であり、強烈なミドルシュートも兼ね備えている。バルセロナでは彼の特徴が活かしきれていない印象だが、リヴァプール時代はトップ下でチームの攻撃をけん引。左サイドでカットインからのミドルシュートでゴールも量産していた。昨季のアーセナルであれば、ウーデゴーのポジションにコウチーニョがそのまま入ることができる。またプレミアでの実績は十分であり、彼の能力に疑いの余地はないだろう。

英紙『Mirror』ではけがの状態について問題がなければ、獲得に向けて動くのではないかと報道。プレミアを席巻したプレイメイカーを注視しているようだ。

スペインでは思うような成績を残せていないコウチーニョ。キャリアでもっとも輝かしい日々を過ごしたイングランドでチームとともに復活を目指すのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ