中2日なんて何のその! 大卒ルーキー伊藤敦樹がレッズを中盤から支える心臓に

ルーキーながら主力として活躍(写真はイメージ) photo/Getty Images

中2日でのスタメン出場は伊藤と岩波のみ

湘南ベルマーレにまさかの逆転負けを喫した浦和レッズ。そこから中2日で迎えた柏レイソル戦だったが、後半に2ゴールを決めて勝利を果たした。開幕からフル出場を続けてる岩波拓也とともに湘南戦でも柏戦でもスタメンに名を連ねたのは、流通経済大学から加入したルーキーの伊藤敦樹だけだった。

湘南戦をフル出場した伊藤は、今試合もボランチで80分までプレイ。柴戸海とのコンビで攻守に顔を出し、縦横無尽にピッチを走り回る伊藤は、3日前に90分走り切った選手とは思えない運動量だった。

38分には自らボールを奪うと、カウンターの起点となった伊藤。中央でつないで最後はシュートを放ちGKの正面となったものの、出足の速い守備でボールを奪ってから一気に攻撃へとつなげるプレイは、浦和の新たなスタイル構築に大きく貢献している。

また湘南戦ではCB以外全員が新加入だったのに対し、柏戦では新加入選手は伊藤ただ1人だった。それでもルーキーとは思えない安定感を見せ、すでにチームの心臓として監督からも信頼されているということだろう。

浦和の下部組織出身なこともあり、サポーターからの期待値も高い。長谷部誠も付けた背番号「17」を背負った将来のキャプテン候補がチームの躍進を支える1人である。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ