“サラーの後継者”となるはずだった男の現在地 苦悩するレフティーの未来は

一時はローマで貴重な戦力となっていたウンデルだが…… photo/Getty Images

今季はレンタル先のレスターでも存在感示せず

モハメド・サラーの後継者になれるはず。2017年夏の加入当初には各方面からそのように評価されていたレフティーだが、彼はその夢を叶えられないまま永遠の都に別れを告げることとなるのだろうか。ASローマで明るい未来が待っているはずだったアタッカーに、今夏移籍の噂が浮上している。

そのアタッカーとは、トルコ代表FWジェンギズ・ウンデル(23)だ。2016-17シーズンを最後にリヴァプールへと移籍したサラーと似たスタイルのレフティーということで、獲得当初はローマにおける成功を期待されていた同選手。だが、加入からしばらくは右サイドで存在感を発揮していたものの、彼は時間の経過とともにジャロロッシでの定位置を失うこととなった。

そんなウンデルは、2020-21シーズンは再起をかけてプレミアリーグのレスター・シティへとレンタル移籍。だが、ここでも彼はブレンダン・ロジャーズ監督の信頼を掴み取ることはできず。今季は公式戦19試合の出場にとどまることとなった。英『Daily Mirror』によると、そんなウンデルの買取オプションをレスターは行使しない方針だという。所属元のローマも彼を来季構想には含めておらず、夏のマーケットにおける移籍が濃厚となっているようだ。

こうした状況を見ても、現時点でサラーのレベルにはとても到達することができていないウンデル。もちろん、まだ23歳の選手ということもあり、ここから逆襲を見せる可能性もあるだろう。しかし、その未来を掴み取るために改善しなければいけない部分は多い。なかでも、ドリブル突破後のクオリティは早急に取り組まなければならない課題といえる。ドリブルやミドルシュートのセンスには目を見張るものがある同選手だが、ゴール前におけるひらめきには疑問の余地が残る。実際、データサイト『WhoScored.com』によると、今季彼がプレミアで記録したボールロスト数は90分平均2.9回となっている。これは今季5試合以上に出場した選手中、リーグで5番目に多い数字だった。

独『Spox』によると、現在そんなウンデルにはレヴァークーゼンやRBライプツィヒ、フランクフルトといったブンデスリーガのクラブが獲得に興味を抱いているとも。まだ4大リーグの上位クラブから関心を寄せられるレベルをキープこそしているが、前述したプレイのクオリティを向上させなければトップクラスの舞台で生き残り続けるのは厳しいか。比較対象がサラーというのは少し要求が高すぎたかもしれないが、それでも本格ブレイクに向けてクリアしなければならない課題は多い。まだ23歳だが、キャリアの岐路に立たされているウンデル。ポテンシャルは高いだけに今後は見事な逆襲劇を演じてほしいところだが、燻るレフティーの未来はいかに。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ