イタリアの前に完封負けのトルコ ユルマズ筆頭に2戦目で復活なるか

zemmsemm photo/Getty Images

力の差を見せつけられる一戦となった

ようやく開催されたEURO2020。開幕カードはトルコ対イタリアと実力者同士の対戦で、白熱した試合となった。結果は0-3でイタリアの大勝となり、トルコは前評判ほどの活躍を見せることは出来なかった。

イタリア戦で見えた問題点を挙げるとすれば、相手のハイプレスに対応出来ていなかったことか。最終ラインにはレスターのチャグラル・ソユンクやユヴェントスのメリフ・デミラルを配置していたが、会場の雰囲気や前述したイタリアのプレスに飲み込まれており、後方からの組み立てが難しくなっていた。また、時間が進むにつれて緊張もほぐれ、ボールを持てるようになったが、中盤にボールを預けられる選手がおらず、後方と前線が繋がっていなかった。

それでも、最前線のブラク・ユルマズがロングボールを何度かキープする場面があり、そこからの得点の匂いもあった。前述した前線と後方のリンク部分の改善を行えれば残りの2戦はまだ希望が持てるだろう。

また、守備では戻らなければならない選手の戻りが遅いなど改善点はあるため、約束事の浸透は必須となる。

残りのウェールズ戦、スイス戦は気持ち的には楽になるだろう。最初にイタリアほどの強いチームと当たることで前述した改善点も生まれ、有利に立ち回れるはずだ。

能力は高いチームとなっており、残りの2戦には期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ