ブエンディアに続きウォード・プラウズも アストン・ヴィラは第2のレスターになれるか

アストン・ヴィラへの移籍が噂されているウォード・プラウズ photo/Getty Images

来季は期待できるチームとなるだろうか

2020-21シーズンは波乱の年となったプレミアリーグ。前年度の王者であるリヴァプールが調子を落とし、最終結果は3位だが、途中まではCL圏内も難しいと言われていた。その他にもレスター・シティ、ウェストハムが上位に食い込むなど珍しいシーズンとなった。だが、今後はこれが普通になるのかも知れない。実際に前述したレスターはまだ合意には至っていないが、積極的な選手補強の話は聞こえてきており、来季も上位に名を連ねる可能性が高い。このように今では死語となってしまった“BIG6“以外のチームが力を付けてきているのだ。

そんななか、次なるレスターと言われているのが昨季11位のアストン・ヴィラだ。ジャック・グリーリッシュ、オリー・ワトキンスとプレミアトップレベルの実力者が在籍しており、守備に目を向けてもタイロン・ミングスやエミリアーノ・マルティネスと名のある選手が揃っている。昨季終盤にはエースであるグリーリッシュが長期離脱して失速したが、もし、グリーリッシュが万全の状態であればトップハーフでのフィニッシュは堅かっただろう。

そんなヴィラだが、今夏の移籍市場では活発な動きを見せている。英『The Mirror』によればノリッジ・シティのエミリアーノ・ブエンディアと既に合意済みであり、サウサンプトンのジェイムズ・ウォード・プラウズが次のターゲットとなっているようだ。

どちらの選手もヴィラの補強ポイントであり、的確な選手補強と言える。ブエンディアに関してはベルトラン・トラオレの安定しない右サイドで競争力を生む存在となり、ウォード・プラウズは今までになかった中盤からの飛び道具として新しい武器となるだろう。また、離脱の多いグリーリッシュに代わりゲームを作りつつ、チャンスも創出するエースとなれるはずだ。

しかし、ここで気になるのはグリーリッシュの去就だ。同選手はマンチェスターの両クラブから関心が寄せられている。ここで移籍となれば確実に戦力ダウンだが、残留となれば来季上位陣に名を連ねるのはアストン・ヴィラかも知れない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ