ポルトガル“史上最高DF”への道 大ブレイクの24歳はR・カルバーリョを超えるか

チェルシーでプレイしていたリカルド・カルバーリョ photo/Getty Images

プレミア1年目のインパクトは十分

今季マンチェスター・シティで大ブレイクを果たしたのが、ポルトガル代表DFルベン・ディアスだ。

ベンフィカからやってきた23歳のセンターバックは、いきなりチームのプレミア制覇に貢献。早くも現プレミア最高のセンターバックの1人との評価を得ることになり、来季以降の活躍にも期待がかかる。

では、ディアスはプレミア史上最高のポルトガル人センターバックなのだろうか。その称号を得るには、乗り越えなければならない存在がいる。

チェルシーでジョン・テリーの相棒を務めたリカルド・カルバーリョだ。レアル・マドリードでも活躍したカルバーリョは、ポルトガル史上最高のセンターバックの1人と言っていい実力者だった。

マンCのプレミア制覇に貢献したディアス photo/Getty Images

ポルトガル代表の歴史にも名を刻めるか

チェルシーでプレイしていた2004-05シーズンにはジョゼ・モウリーニョの下でプレミア史上最少失点記録となる15失点でのリーグ制覇に貢献。当時のテリーとカルバーリョのコンビはプレミアの歴史に名を刻む名コンビだった。

ポルトガルサッカー界としても、ディアスにはカルバーリョ級のセンターバックになってほしいところだろう。

プレミア公式にて、ディアスは「ポルトガル史上最高のDFになれるか?Yesだね。カルバーリョはファンタスティックだが、良くなるにはまず信じるところから始めないといけない」とコメントしており、自身の実力にかなり自信を持っている。

果たしてディアスはプレミアの地でカルバーリョを超えるインパクトを残し、現代表のぺぺも超えてポルトガル史上最高のセンターバックとなれるのか。23歳のセンターバックには無限大の可能性が広がっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ