彼こそ現“スペイン最強”ストライカー? リーガで暴れる黄色軍団の絶対的エース

ビジャレアルで得点を量産するモレノ photo/Getty Images

今季ここまでリーガで20得点の点取り屋

現時点におけるスペイン人選手のなかで、“最強のストライカー”を決めるとすれば誰になるか。おそらく、人によって意見は大いに変わることだろう。基準として大事にするものが統一されない限り、なかなか“最強”というものを決めるのは難しい。

しかし、ストライカーというからには、純粋にその得点力を基準にしてみるのもいいだろう。そう考えると、今日におけるスペイン人“最強ストライカー”は、現時点で欧州5大リーグで最も得点を決めているビジャレアルFWジェラール・モレノ(29)ということになる。

2020-21シーズンは、ここまでリーグ戦28試合に出場して20ゴールを挙げているモレノ。リーガ・エスパニョーラ全体での得点ランキングこそバルセロナFWリオネル・メッシ(25ゴール)とレアル・マドリードFWカリム・ベンゼマ(21ゴール)に次ぐ3位だが、スペイン人選手という括りでなら彼が堂々のトップだ。2位のセルタFWイアゴ・アスパスが13ゴールということからも、その圧倒的な得点力は窺い知ることができる。

データサイト『Sofa Score』によると、そのほかにシュート決定率でも22.22%と印象的な数値を残しているモレノ。彼ならば“スペイン人最強”の称号を与えても、そう異論が出ることはないか。実際、得点数で2位につけるアスパスも、モレノこそがスペイン人FWのなかで最も優れていると次のように語る。

「今スペインで最強のFWだって? もちろん、ジェラール・モレノだよ。昨季も彼は印象的なシーズンを過ごしていたね。そして、今季はチームをEL準決勝にも導いている。本当に素晴らしいと思うよ」(スペイン『MARCA』より)

その実力を、ライバルも認めるビジャレアルの絶対的エース。“最強”という称号を一人の選手に与えるのは非常に難しいことだが、スペインのストライカーに関しては彼が一番ふさわしいのかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ