遂にプレミア屈指のアタッカーは上位クラブへ? 中堅クラブで闘い続ける28歳

長きにわたってクリスタル・パレスでのプレイを続けているザハ photo/Getty Images

今夏はステップアップのラストチャンスか

欧州でプレイする選手にとって、最も自身の価値を実感できるコンペティションといえばやはりチャンピオンズリーグだろう。前シーズンに各リーグで上位に入ったクラブしか参加を許されない欧州最高峰の舞台。同大会に出場するのは、サッカー選手として相当なステータスと言える。

しかし、欧州屈指のアタッカーと評価されながら、いまだそのキャリアでCLに出場できていない選手もいる。クリスタル・パレスに所属するコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハもその一人だ。

これまでのキャリアにおいて、大半の時間をクリスタル・パレスに捧げているザハ。中堅クラブに所属していることもあって、実力者ながら彼のCL出場はいまだゼロだ。過去マンチェスター・ユナイテッドにも在籍経験があるものの、当時はまだブレイク前。主力とは言えず、出場はリーグ戦2試合のみにとどまっている。ブレイク後も上位クラブ移籍の噂は何度かあったが、同選手は今もクリスタル・パレスでの旅を続けている状況だ。

しかし、そんなザハももう28歳。そろそろステップアップを果たさなければ、CL出場の夢は潰えることとなるだろう。これまではクラブの設定移籍金が高額すぎるために移籍は叶わなかったが、かねてより本人も欧州最高峰の舞台におけるプレイを希望しているとされる。今夏のステップアップが叶わなければ、年齢的にも今後の上位クラブ行きは厳しくなってくる可能性が高い。

「パレスのファンとしては、ザハにクラブを去ってほしくない気持ちが強いよ。でも、友人として意見を述べるのであれば、より高いレベルでプレイしてほしいと思っている。もう準備はできているはずだ。彼はもっと上のレベルでも通用することを証明するときが来ていると思うよ。もう28歳だ。そろそろチャンピオンズリーグのような欧州の試合に出場しなければならない年齢と言えるだろう。あれほどビッグな選手が欧州のコンペティションに参加できないなど、ありえないことだと思うね」(英『talkSPORT』より)

2019年までクリスタル・パレスで同僚だったMFジェイソン・パンチョンも、ザハはそろそろステップアップをすべきだとこのように主張している。昨年8月には現同僚のFWアンドロス・タウンゼントも「今でもパレスにいてくれることには感謝しているけれど、ザハは間違いなくCLに出るようなクラブでプレイすべきだ」と話していたが、身内からも彼のステップアップを望む声は出始めている状況となっている。

現在は以前から噂が浮上しているアーセナルを筆頭に、複数の5大リーグ上位クラブが今夏の獲得に動き出しているというザハ。はたして、プレミア屈指のアタッカーは今年こそ他クラブへ移籍を果たすこととなるのだろうか。快速FWの去就には今後も注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ