名将カペッロも感じたユーヴェの“中盤弱体化” 気になる数年前との比較

現在セリエA3位のユヴェントス photo/Getty Images

ゲームを支配できていないか

クリスティアーノ・ロナウドが加わったことで、ユヴェントスの攻撃はクオリティがアップしたのかもしれない。しかし、前線に比べて他のエリアはどうだろうか。

アンドレア・ピルロ体制としてスタートした今季のユヴェントスは、現在3位とやや苦戦している。インテルに首位を譲っている状況で、夢の10連覇が危うくなってきている。

何かが物足りないのは明らかだが、名将ファビオ・カペッロ氏が問題視したのが中盤だ。伊『TuttoSport』によれば、カペッロ氏は「中盤のクオリティが不足しているように思う」とコメントしている。

ビダル、ポグバらが揃っていた時期は世界屈指の構成だったが…… photo/Getty Images

中盤のリーダーになる者はいるか

以前のユヴェントスといえば、前線より中盤や最終ラインに強みがあった。中盤では現指揮官のピルロ、今やライバルのインテルで優勝争いに加わっているアルトゥーロ・ビダル、現マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバ、元イタリア代表のクラウディオ・マルキジオの4人衆が揃っていた時期もあり、当時は世界屈指と言っていい顔ぶれだった。

当時の陣容と比べてみると、ロドリゴ・ベンタンクール、アドリエン・ラビオ、アーロン・ラムジー、ウェストン・マッケニーら現中盤がやや地味なのは否めない。中盤のクオリティではニコロ・バレッラやマルセロ・ブロゾビッチらを擁する首位インテルの方が豪華と言えよう。

最終ラインの方は若いマタイス・デ・リフトやメリフ・デミラルらを加え、世代交代へ向けて動いている。しかし中盤の方はワールドクラスの絶対的リーダーと呼べる選手は見当たらず、ゲームを十分に支配できていないところがある。

当時を知るピルロは現中盤をどう捉えているのか。2018年の夏にロナウドを加えたのは大きかったが、チーム全体ではその力を最大限活かせていないのかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ