“クラブ史上最高額”の男がELで使えない? アヤックスに緊急事態

今冬アヤックスに加入したハラー photo/Getty Images

EL登録メンバーに名前なし

今冬の移籍市場で加入して以降、素晴らしい活躍を披露しているストライカーを、アヤックスは欧州コンペティションで起用することができないかもしれない。オランダの強豪クラブに緊急事態が発生している。

その渦中にあるのが、コートジボワール代表FWセバスティアン・ハラー(26)だ。フランクフルト時代の2018-19シーズンにルカ・ヨビッチやアンテ・レビッチと共に強力3トップを形成した彼は、同シーズン終了後に向かったウェストハムを経て、今季後半戦からはアヤックスでプレイすることとなった。すると、身長190cmの長身ストライカーは新天地でさっそくその能力の高さを発揮。加入後のリーグ戦6試合で2ゴール4アシストの活躍を披露していた。早くもチームの攻撃陣に欠かせぬ存在になったと言っていい。

しかし、アヤックスはそんなハラーをヨーロッパリーグで起用することができないかもしれない。実は、現時点でまだ同クラブのEL登録メンバーに、このコートジボワール代表FWの名前が登録されていないというのだ。米『ESPN』によると、クラブ広報もその事実を認めており、「ハラーがEL登録メンバーに入っていないのは事実。何が間違っていたのかわからない。これについてはオランダ協会と欧州連盟(UEFA)に現在掛け合っているところだ」と話している。

アヤックスはELの決勝トーナメント1回戦1stレグのリール戦を現地時間18日に控えているが、はたしてそこまでに事の真相は明らかとなるのだろうか。スタッフは運営側のミスを指摘しているが、クラブの手違いであれば登録が許可される可能性は限りなく低い。オランダの強豪がクラブ史上最高額の移籍金2250万ユーロ(約28億5000万円)を費やしたストライカーの出場可否には、これから大きな注目が集まることとなりそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.257 EURO2020大展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ