周囲からの評価はまだ高い マンUで燻る19歳にかかる復調への期待

今季はなかなかその本領を発揮することができていないグリーンウッド photo/Getty Images

「まるでデフォーのよう」

2020-21シーズンに入ってから思うような時間を過ごせていないものの、マンチェスター・ユナイテッドの逸材ストライカーは今後また昨季のような輝きを放つことができるか。2019-20シーズンにブレイクを果たしたティーンエイジャーに、今なお期待している人は多い。

そのティーンエイジャーとは、もちろんイングランド代表FWメイソン・グリーンウッドだ。昨季はトップ昇格1年目でいきなり公式戦50試合に出場し、19ゴールを挙げる大活躍を披露した同選手。しかし、今季の彼は開幕からなかなかエンジンがかからない状況が続いている。ここまでは公式戦19試合の出場で3ゴール3アシスト。まだ19歳という年齢を考えれば悪くない成績と言えるが、昨季の躍動ぶりを考えれば物足りない。近頃はピッチ外での素行不良も目立ち、10月にはその生活態度についてクラブと話し合いの場が持たれたとも英『Daily Mirror』が伝えている。

ブレイクを果たした昨季から一転して、今季は早くもキャリアにおける正念場を迎えているグリーンウッド。衝撃のデビューを飾るも結局マンUで大成できなかったラヴェル・モリソンの例も頭にはチラつくだけに、そろそろグリーンウッドには本来の姿を取り戻してほしいところだ。まだ若い選手ではあるものの、このままズルズルと嫌な流れを引きずるのはマズいだろう。

しかし、グリーンウッドの復調に関してそこまで心配を募らせる必要はないのか。イングランド代表経験もあるワトフォードGKベン・フォスターは現地時間9日に行われたFAカップのマンU戦前、赤い悪魔で伸び悩む19歳について次のように語っている。英『Daily Mirror』が伝えた。

「ユナイテッドには才能あるFWが何人かいるけど、そのなかでもメイソン・グリーンウッドは際立っているね。私は彼のようなFWが最も苦手だよ。彼は いつも予想外なタイミングでシュートを打ってくるんだ。モーションが小さいし、まるでジャーメイン・デフォーのようだね。それでいて彼は両足で同じことができるし、どちらのシュートも正確だ。あの年齢でそれができるのは、本当にすごいと思うね。同じことをできる選手がどれほどいるか。彼は特別だと思うよ」

結果的にこのワトフォード戦でゴールを挙げることはできなかったグリーンウッドだが、相手チームのフォスターはいつ彼が復調してもおかしくないと相当に警戒していた様子。はたして、両足から巧みなシュートを放つことができるヤングスターは、一体いつ本調子を取り戻してくるのだろうか。19歳の評価が再浮上する日を、ファンは待ちわびている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ