フランス史上最高のストライカー? レアルで得点積み重ねるNo.9への称賛

レアルで長きにわたって活躍するベンゼマ photo/Getty Images

「私にとっては彼こそが最高」

フランスサッカーの歴史上、最強のストライカーは誰か。おそらく、挙げる名前は人によって様々だ。古くはダビド・トレゼゲやティエリ・アンリが活躍し、最近ではキリアン・ムバッペなんて超新星も出てきている同国。さぞ議論は白熱することだろう。

しかし、現役時代に「フランス史上最高のプレイヤー」との呼び声も高かったジネディーヌ・ジダン(現レアル・マドリード監督)が選ぶのは、現在彼自身が指導しているストライカーだ。そのストライカーとは、もちろんレアルの攻撃陣を牽引するFWカリム・ベンゼマ。数年前までは絶対的エースのクリスティアーノ・ロナウドをサポートするプレイに徹していた同選手だが、ポルトガル代表FW退団以降の彼は自らが得点を奪う形にそのプレイスタイルを変化させた。今季もここまで公式戦16試合で10ゴールを奪っており、レアルにとっては大きな得点源となっている。

そんなベンゼマが2009年夏の加入以降、レアルで積み上げた通算得点数はなんと「259」。これはクラブ歴代4位の数字で、3位のアルフレッド・ディ・ステファノ氏(266得点)をも射程圏に捉えている。圧倒的な資金力とブランド力を武器に、次々と世界の有力選手を獲得してきた歴史を持つレアルにおいて、少し地味ながらもこれほどの成績を残しているベンゼマ。ジダン監督も、ベンゼマを推すのはこういった積み重ねの数字を高く評価してのことだと次のように語る。スペイン『MARCA』が伝えた。

「私にとっては、彼こそがフランス史上最高のストライカーさ。今、彼がやっていることこそがその証明だ。カリムは長年レアルにいて、500試合以上の試合に出場し、常にゴールを決めている。その記録が物語っているよ。だから、私にとっては彼がベストなんだ。彼は相当に成熟した選手となった」

「だが、それでいてカリムはゴールについて常に考える純粋な9番ではない。頭の中でそればかり考えていないからこそ、私は彼のことが大好きなのさ。味方にパスを出さなければいけない状況となれば、彼はパスを選択する。だから私は彼を推す。両方をバランスよく兼ね備えているんだ」

ストライカーとしてのエゴイスティックな面を封印しつつも、チャンスとあらばキッチリと得点を狙うベンゼマ。そのバランスは絶妙で、ジダン監督もそんな彼のプレイには満足しているようだ。決して派手ではないが、コツコツとレアルでのクラブ通算得点数を伸ばしてきたベンゼマ。フランス代表からはしばらく遠ざかっているものの、今後フランス史上最高のストライカーを議論する際に彼の名前は外せなくなってくるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ