輝き放つ500万ユーロのアタッカー ノルウェーからミランに来た21歳のFW

ミランで活躍するイェンス・ペッター・ハウゲ photo/Getty Images

開幕から上々の滑り出し

ズラタン・イブラヒモビッチの復帰も影響力が大きいが、今季未だ無敗を維持しているミランは新戦力をヒットさせているのも大きい。

13日のパルマ戦ではレアル・マドリードから獲得した左サイドバックのテオ・エルナンデスが2得点を記録し、チームを敗北の危機から救った。エルナンデスは昨夏ミランに加わった選手だが、今ではセリエA最高クラスの攻撃的左サイドバックと評価されている。この獲得は大正解だった。

昨夏エンポリから獲得したMFイスマエル・べナセルも高い評価を得ており、フランク・ケシエとのコンビは安定している。彼らも好調のミランに欠かせぬ重要なプレイヤーだ。

守備面では今冬に獲得したDFシモン・ケアーもヒットと言うことができる。現在はハムストリングを痛めて離脱しているが、今季序盤戦からの貢献度は見事だった。

そしてもう1人。徐々にブレイクの兆しを見せている21歳のノルウェー人FWイェンス・ペッター・ハウゲにも注目したい。

今夏にノルウェーのFKボデ/グリムトから500万ユーロの移籍金で獲得されたハウゲは、ヨーロッパリーグの予選も含めると今季は14試合に出場して7得点3アシストを記録。500万ユーロのコストを含め良い補強だったと言える。

伊『TuttoSport』も21歳とは思えぬ成熟度と評しており、早くもブレイクの雰囲気が漂っている。2列目はポジション争いも激しいが、ハウゲはこのまま一気にブレイクできるのか。今年11月にはノルウェー代表デビューも果たしており、アーリング・ハーランドやマルティン・ウーデゴーに続くヤングスターとなってほしいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.257 EURO2020大展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ