首位クラブで先発は僅か2試合のみ 悩めるヤヌザイにプレミア帰還はあるか

ソシエダのヤヌザイ photo/Getty Images

現所属クラブではポジション確保しきれず

かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍していたベルギー人FWアドナン・ヤヌザイのキャリアはどうなっていくのだろうか。

消化試合数には差があるものの、現在ヤヌザイが所属するレアル・ソシエダは6勝2分1敗の成績でリーガ・エスパニョーラ首位に立っている。しかし、ヤヌザイ自身は波に乗り切れていない。

ヤヌザイは今季リーグ戦で2得点は挙げているが、先発出場はたった2試合のみ。ポジションを確保できているとは言えず、今冬の移籍案も浮上している。

ベルギー『HLN』によれば、ヤヌザイに関心を示しているのはイングランドのサウサンプトンとブライトンだ。

ヤヌザイといえばマンチェスター・ユナイテッドで有名な存在となった選手で、香川真司と同じ時期にプレイしていた。仮に今冬プレミアリーグに戻るならば、サンダーランドでプレイしていた2016-17シーズン以来のイングランド帰還となる。

ブレイクが早かったため、ヤヌザイはまだ25歳と若い。昨季もソシエダではカップ戦を含め8得点を記録しており、プレミア中堅クラブならば十分な即戦力となるだろう。

同メディアはヤヌザイにもプレミア復帰の意思はあると伝えているが、スペインで経験を積んだレフティーアタッカーはイングランドへ戻ってくるのか。思うようなキャリアとはなっていないが、今もヤヌザイは世界のサッカーファンから注目される存在だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ