いつからS・ラモスはPKマスターに? 25回連続で沈める圧倒的なメンタリティ

レアルのラモス photo/Getty Images

昔は豪快に外すシーンも見られたが……

ユヴェントスではクリスティアーノ・ロナウド、バルセロナではリオネル・メッシといったように、PKはアタッカーの選手が担当するケースが多い。

しかし、DFセルヒオ・ラモスの場合は話が異なる。センターバックながら、ラモスはレアル・マドリードとスペイン代表で不動のPKキッカーだ。

大胆なパネンカもラモスの得意技となってきたが、ラモスはいつからPK職人となったのだろうか。若い頃のラモスは苦戦する様子も見られた。

例えば2011-12シーズンのチャンピオンズリーグ準決勝・バイエルン戦では、PK戦までもつれた末にレアルが惜敗。このときラモスは4人目のキッカーで登場して失敗している。

もちろんラモスもあれからPKの練習を続けてきたのだろうが、スペイン『MARCA』はそれ以上にメンタルの強さが大きいと指摘する。

パネンカが象徴するように、ラモスはPKを蹴るときも落ち着いている。雰囲気に流されることなく、自分のスタイルを貫けていることが成功率増加の理由なのだろう。

レアル・ベティスのGKジョエル・ロブレスは、「彼はPKを蹴る前に止まる。GKが動く最後まで待っているんだ」とラモスのPKについて語っている。

振り返ると、前述したバイエルン戦でPKを外した際のラモスは助走をつけたところから豪快に蹴っている。相手GKの動きを見るというより、自分の決めたコースに強いシュートを打つことを心がけているように見えた。その結果、ボールは大きくゴールの上へ飛んでいってしまった。

今は経験も積み、より落ち着いたスタイルでPKを蹴っている。それが成功率アップに繋がっているのは間違いなく、今は代表とクラブの両方合わせて25回連続でPKを沈めている。最後に外したのは2018年の5月だ。

今後もラモスはPKを担当していくはずで、センターバックなのにPKマスターという珍しい選手になっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ