世界最強ストライカーへの道 ハーランドが思う“7人”の自身より上のFW

ドルトムントのハーランド photo/Getty Images

まずはブンデス得点王を獲りたい

ザルツブルクで頭角を現し、今では世界を代表する点取り屋の1人になりつつあるドルトムントFWアーリング・ハーランド。

20歳とは思えぬ得点力を備えるハーランドは、このまま成長すれば世界最高のストライカーになれるかもしれない。

ただし、まだ世界No.1への道は遠い。ノルウェー『Verdens Gang』によると、ハーランドは自身よりもハイレベルなストライカーが現代に少なくとも7人はいると考えているのだ。

その7人とは、ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウド、バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキ、マンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロ、リヴァプールFWロベルト・フィルミーノ、アーセナルFWピエール・エメリク・オバメヤン、トッテナムFWハリー・ケイン、チェルシーFWティモ・ヴェルナーだ。

パリ・サンジェルマンのキリアン・ムバッペ、ネイマール、バルセロナのリオネル・メッシが入っていないのは、ハーランドが彼らのことをセンターフォワードとはカウントしていないからだろう。

プレミアリーグでプレイしている選手が多く挙げられているが、いずれもハイレベルな選手ばかりだ。

得点力だけで見るならばロナウド、レヴァンドフスキが他をリードしているイメージがあり、まずハーランドとしては同じブンデスリーガでプレイするレヴァンドフスキからリーグ得点王の座を奪いたい。

ロナウドを超えるのは難しいかもしれないが、ハーランドのポテンシャルは本物だ。いずれこの7人を超えたと自信を持って宣言する時はくるのか。20歳の挑戦はここからが本番だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ