[粕谷秀樹]7年ぶりの古巣復帰でベイルが晴れやかな表情 ただし彼ひとりでトッテナムの問題が解決するわけではない

粕谷秀樹のメッタ斬り 044

粕谷秀樹のメッタ斬り 044

トッテナム復帰を果たしたベイル photo/Getty Images

ちょっとした誤解は時が経てば

ガレス・ベイルがレアル・マドリードから古巣トッテナムにローン移籍したけれど、もう1~2年、早くてもよかったんじゃないかって思う。レアルにやり残したことがあったのか、それとも関係を修復できるって信じていたのか。タイミングはズレているよね。

なにしろ、居場所がなかった。ジネディーヌ・ジダン監督の構想から外れ、ベンチにすら入れない。暇を持て余してゴルフに興じると、「フットボールに興味がないようだ」「職を変えた方がいい」などなど、メディアやサポーターからバッシングされた。マルセロは「スペイン語を覚えようとしない」と批判していた。しかし、エージェントのジョナサン・バーネットは反論する。

「何度となく人格を攻撃されたにもかかわらず、レアルはベイルをサポートしなかった。彼はフットボールを愛しているし、スペイン語が話せないっていう噂もデタラメだ」

期待が大きかった分だけ、レアル側も不満の矛先をベイルに向けすぎたのかもしれないね。でも、ちょっとした誤解なら時が経てば解決する。いつか笑顔で握手する日がやって来るといいな。

近年怪我に苦しめられ、なかなかコンディションが上がらないアリ photo/Getty Images

パーティーボーイの異名を封印

「愛されているんだな、と改めて実感した」

7年ぶりに古巣へ戻ったベイルは、入団会見から笑顔が弾けている。晴れやかな表情を見るのは久しぶりだ。やっぱりベイルには、ダイレクトなスタイルが主流のプレミアリーグが合っているんじゃない? 細かいことは気にせずに、右サイドからカットイン。得意の左足でドカン! これが真骨頂でしょ。

ハリー・ケイン、ソン・フンミンとの3トップは驚異的だし、ケインとの2トップもいいね。そのときはステフェン・ベルフワインが右ウイングで、ソンは左。ケインが疲れたり、故障で欠場を余儀なくされたりした場合は、ベイルの1トップっていう選択肢もありなんじゃないかな。

ただ、ベイルひとりでトッテナムの問題が解決するってわけじゃないよ。トップ4に返り咲くには不十分な戦力だ。レアルからセルヒオ・レギロンを、ウォルヴァーハンプトンからマット・ドハーティを獲得して両サイドバックの増員には成功したものの、計算できるセンターバックも確保したいところだよね。

それからセルジュ・オーリエ、ファン・ホイス、ダニー・ローズなど、余剰戦力の整理も急ぐべきで、なによりデル・アリの復活が待ち遠しい。

センスはだれもが認めている。ジョゼ・モウリーニョ監督との確執って報道も、にわかには信じがたい。指揮官がデル・アリのコンディション調整に腐心しているのは、『Amazon』のドキュメンタリー『ALL OR NOTHING』を観ればよく分かる。

デル・アリが二列目中央で、右にベイル、左がソン、1トップにケインという布陣はプレミアリーグ屈指の破壊力を秘めるとはいえ、勝負の世界では名前と実績は永久保証されていない。デル・アリは信じてくれる監督のためにも、体調の維持に努めなくちゃ。24歳。パーティーボーイの異名を封印し、プロらしく振る舞えってことさ。

文/粕谷秀樹

スポーツジャーナリスト。特にプレミアリーグ関連情報には精通している。試合中継やテレビ番組での解説者としてもお馴染みで、独特の視点で繰り出される選手、チームへの評価と切れ味鋭い意見は特筆ものである。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:連載

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ