1週間で“44ゴール”も飛び出すプレミア大旋風 記録に残る怒涛のラッシュ

マンCも3発快勝 photo/Getty Images

大量得点のゲーム続出

プレミアリーグが開幕から荒れている。19日から21日にかけて行われた第2節にて、記録に残る怒涛のゴールラッシュが起きたのだ。

19日にはエヴァートンがWBAを5-2で粉砕し、昇格組のリーズ・ユナイテッドとフラムが4-3の壮絶な打ち合いを展開。

20日にはサウサンプトンVSトッテナム(2-5)、レスター・シティVSバーンリー(4-2)など両チームとも複数得点を挙げるゲームが続出。

21日にもマンチェスター・シティがウォルバーハンプトンを3-1で撃破し、アストン・ヴィラVSシェフィールド・ユナイテッド戦はアストン・ヴィラが1-0で勝利を手にした。

結果的にこの第2節では44ゴールも生まれることになり、英『Daily Mail』によれば20チーム制でのプレミアリーグでは最多の数字になったという。

2011年の2月に1週間で43ゴール生まれた時があったのだが、今回はそれを超えたことになる。当時もアーセナルがニューカッスルと4-4の打ち合いを演じたり、エヴァートンがブラックプールに5-3で勝利したりと、騒がしい1週間ではあった。

今節はそれを超えることになったわけだが、このゴールラッシュは今後も続くのか。まだ今季はスコアレスドローがなく、これがプレミアリーグの面白さなのかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ