セバージョスでは不十分? アーセナルに必要な“創造性No.1”の10番

アーセナルのエジル photo/Getty Images

創造性はセバージョスをも超えるか

アーセナルにとって、レアル・マドリードからレンタルで加入していたMFダニ・セバージョスがもう1シーズン残ることになったのは非常に大きかった。

攻守両面で貢献できることは昨季にも証明されており、指揮官ミケル・アルテタの好むスタイルも理解している。今のアーセナルには欠かせない中盤のリーダー候補と言っていいだろう。

しかし、セバージョスでは不十分と指摘する者もいる。英『TalkSport』によると、セバージョスを平均的なプレイヤーと言い切るのはトッテナムなどを指揮してきたティム・シャーウッドだ。

セバージョスが高いテクニックを備えているのは間違いないが、創造性ではセバージョスより上の選手がいると考えているのだ。シャーウッドがプッシュするのは、昨季から影が薄い存在となっているMFメスト・エジルだ。

「個人的に、セバージョスは平均的だ。プレミアリーグにおいて彼は弱すぎると思うし、それが今季露見すると思う。中盤にはもう少し狡猾さが必要だと思う。エジルのような選手がピッチの中央には必要なんだ。相手はブカヨ・サカやラカゼット、オバメヤンらのスピードを恐れている。彼らは深い位置で守りたがるが、誰が狡猾にそれを開くのか?エジルにはそれができる」

エジルは今季もアルテタの構想に入れるか不透明だが、今もその能力を信じるサポーターは多い。アーセナルの中盤からタクトを振るう日はいつやってくるのか。独特なアイディアの持ち主であることは間違いなく、引いて守る相手を崩す時にエジルのような選手が必要になる時もあるはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ