ラツィオで“NEXTネスタ”の誕生はあるか 「13」を受け継ぐ19歳の新星DF

今季ラツィオでのブレイクに期待がかかるアルミニ photo/Getty Images

背番号へのこだわりが強すぎる

かつてラツィオやACミランなどで活躍した元イタリア代表DFアレッサンドロ・ネスタ氏の背番号といえば「13」だ。代表やキャリア晩年に他の番号を着用したこともあったが、同氏が現役時代に背負った番号といえば「13」を思い浮かべる人が大多数だろう。

そんなイメージもあって、セリエAで背番号13を着用したがるDFは多い。ミランでこの番号を継承したアディル・ラミやアレッシオ・ロマニョーリ、さらにはライバルクラブのインテルに所属するアンドレア・ラノッキアもネスタ氏への憧れから13番を求めた選手として知られている。そんな中、ネスタ氏の古巣であるラツィオにもこのレジェンドへの強い憧れを抱く選手がいる。

その選手とは、19歳のDFニコロ・アルミニだ。今季ラツィオでのブレイクを狙う同選手。伊『Gazzetta dello Sport』によると、彼はネスタ氏への強い憧れからチームでもU-19イタリア代表でも「13」を着用しているのだという。そのこだわりは相当なもののようで、彼は2017-18シーズンのトップチーム初昇格の際に13番が空いてない中、各桁の数字を入れ替えた31番を選択。さらに、続く2018-19シーズンは2つの数字の合計が「13」となる58番を着用している。そうしてようやく、2019-20シーズンに念願の13番を着用することとなっているのだ。

ルーキー時代からネスタ氏の番号に強い執着を見せているアルミニ。プレイスタイルも現時点ではネスタを彷彿とさせ、戦況を読む力は19歳の枠を超えていると同メディアは綴っている。下部組織では主将を務めるなど、頭の回転でも勝負できるあたりはたしかにネスタ氏に近いと言えるか。これだけ憧れを抱いているのであれば、スタイルが似てくるのも無理はないだろう。

ラツィオに現れた“NEWネスタ”候補生。はたして、アルミニはいずれネスタ氏を肩を並べるほどの名手となることができるのだろうか。レジェンドがかつて名を揚げたクラブで、同じ番号を背負う男のブレイクに期待がかかる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ