“NEWスコールズ”となれる男がマンUに来た 中盤に加わる万能の23歳

今夏アヤックスからマンUに加入したファン・デ・ベーク photo/Getty Images

「スタイルが同じというわけでないが……」

今夏、マンチェスター・ユナイテッドに頼もしい中盤戦士が加わった。その中盤戦士とは、アヤックスから完全移籍で加入したオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークだ。

アヤックスの主力として、2018-19シーズンにはチームのチャンピオンズリーグ・ベスト4入りにも貢献した同選手。彼が加入したことによって、マンUの中盤はさらなる高みに到達することができるだろう。ハイレベルなMFの選択肢が増えたことで、組み合わせのパターンはかなり増える。2020-21シーズン、マンUは相手によって中盤の構成を変えることも増えるか。

マンUにとって大きな補強となったファン・デ・ベーク。オーレ・グンナー・スールシャール監督も、彼には大きな期待を寄せていることだろう。そんな23歳の実力には、アヤックスでCEOを務めるエドウィン・ファン・デル・サール氏も太鼓判を押している。『MUTV』のインタビューに登場した同氏は、ファン・デ・ベークがマンUのレジェンドを彷彿とさせると次のように語った。

「ドニーはMFのあらゆるポジションでプレイすることができる。6番、8番、10番の位置でプレイしている時、彼は優れたビジョンを発揮する。その他にもテクニックは素晴らしいし、ボックス・トゥ・ボックスの動きも素晴らしいね。スタイルが全く同じと言うわけではないが、彼はスコールズを彷彿とさせるよ。ユナイテッドにとって、素晴らしいメンバーになると思う。オーレも彼を様々なポジションで起用したいと話していた。多くのポジションをこなせるだけに、ユナイテッドはすごくドニーに助けられる気がするな」

攻守両面において絶大な存在感を誇り、イングランドでは「史上最高のボックス・トゥ・ボックスMF」なんて評価もあるポール・スコールズ氏と比較されたファン・デ・ベーク。あまりにも大きな期待だが、このオランダ代表MFは新天地でその評価に違わぬパフォーマンスを披露することができるか。アヤックスでポテンシャルの高さは証明しているだけに、プレミアでも大暴れと行きたいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ