チェルシー攻撃陣はリヴァプールの3トップ超えるぞ 次節にいきなりバトルだ

開幕節を白星で飾ったチェルシー photo/Getty Images

チェルシーの攻撃力はプレミアトップクラスに

いよいよ始まったプレミアリーグ2020-21シーズン。翌週に予定される第2節では、早くも優勝を争うチーム同士の戦いが予定されている。

20日に行われるチェルシーVSリヴァプールのカードだ。第2節の中では最も楽しみなカードと言っていいだろう。

やはり注目は両チームの攻撃陣だ。開幕節のブライトン戦で大爆発とはならなかったが、チェルシーはさっそくティモ・ヴェルナー、カイ・ハフェルツの新戦力2名が先発。ここにクリスティアン・プリシッチも戻って来れば、魅惑の攻撃陣が完成する。

リヴァプールの方も相変わらず前線は元気で、開幕節のリーズ・ユナイテッド戦ではモハメド・サラーがハットトリックを記録。やはり今季も3トップが軸となる。

第2節から超強力ユニット同士が激突するわけだが、両チームの3トップはどちらの破壊力が上なのか。英『Evening Starndard』によると、解説を務めるトニー・カスカリーノ氏は新戦力を加えたチェルシーの方が上との見方を示す。

「ランパードのチームはプレミアで最もエキサイティングな3トップを抱えている。サラー、マネ、フィルミーノより多くのものを生み出すための要素がある。プリシッチとハフェルツはスピードと優れたテクニックをプラスし、ヴェルナーは危険なフィニッシャーだ」

すでに何年もプレイし、互いを理解し尽くしているリヴァプールの攻撃陣がチェルシー守備陣を崩すのか。それともフレッシュなチェルシー攻撃陣が王者リヴァプールをも粉砕してみせるのか。第2節のカードは見逃せない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

今月号は、創刊10周年記念特大号! 南アフリカW杯の直後に定期刊行化された本誌。今号は10周年にちなんで、2010-11から2019-20までの欧州4大リーグの10年を、まとめて振り返ります。この10年で、欧州サッカーはどう変わったのか? 10周年記念のプレゼント企画もお見逃しなく!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ